読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Azure FuncsionsでChatworkへの書き込みをSlackに通知させてみた

今開発中の案件で、お客さんの使っているチャットツールがChatworkだった。前からお付き合いのある担当者さんは弊社のSlackに招待してそこでやり取りしているのですが、他のメンバーさんにSlackを強制するのが若干無理目な状況でした。Chatworkは常用していないので、どうしても書き込みを見落としてしまいがち…。ということで、前々から興味があったAzure FunctionsでSlackに通知するようにしてみました。

Azure FunctionsはMicrosoftのサーバーレスなコンピューティングサービスです。FaaSってやつですね。

関数を作成

今回は、タイマーで5分おきに起動して、Chatworkの指定したチャットに新着があればSlcakに通知することにするので、Function App作成後の初期画面で、タイマー、Javascriptを選んでこの関数を作成するを選んで関数を作成します。

f:id:kaz_29:20161207154832p:plain

この状態で、5分おきに自動的に関数が実行されるように設定されています。

環境変数の設定

今回の機能では、ChatworkのAPIトークンなどを扱います。これらをコードに埋め込みたくないので、以下の項目を環境変数として設定します。

変数名 説明
CW_CHATID 監視対象のChatID
CW_TOKEN ChatworkのAPIトークン
SLACK_WEBHOOK_URI SlackのIncomingWebHookのURI
SLACK_CHANNEL 投稿先のチャンネル名(#含む)

設定は、画面左下のFunction App の設定 -> アプリケーション設定の構成で表示されるアプリ設定で行います。以下のような感じ。

f:id:kaz_29:20161207154902p:plain

使用するパッケージのインストール

今回は以下の2つのnpmパッケージを使用するので、以下の手順でインストールします。

Function App の設定 -> Kudu に移動 を選択してKuduのコンソールで以下のように入力します。

D:\home>cd site/wwwroot/<作成した関数名>
D:\homesite/wwwroot/TimerTriggerJS1> npm install request slack-node 

package.jsonを用意してインストールする方法もあるようなのですが、今回は簡易的にこんな感じでやってしまいました。

コードを作成

これで前準備が整いましたので、関数を作っていきます。以下のコードを作成した関数の開発を選択しコードエディタに貼り付けて保存すればOKです。


Azure functions Chatwork to Slack


問題なく設定ができていれば、タイマーで実行されるのを待つか実行ボタンを押せば以下のような形でSlackに通知されます。

f:id:kaz_29:20161207154951p:plain

エラー処理とか超適当ですが、これでChatworkへの書き込みも見落とさないでしょう。

今回、Azure Functionを初めて使いましたが、なかなか面白いですねー。何かいいケースがあったら使いたいなと思います。